議事録      


平成17年度(2005年)平成18年度(2006年)平成19年度(2007年)平成20年度(2008年)
平成21年度(2009年)



平成21(’09)年度
☆5月12日 第6回ネットワーク・京滋総会  

平成21年5月12日(火) 10:00〜11:00(於 ひと・まち交流館 京都 (第3会議室にて)

出席者 :  小島 池田 一瀬 石角 久保 福永 
 (13名)  早川 尾本 高瀬 中西 辻 花月 木之下

音文創 :  高橋秀文氏
見学者 :  岡田 村井 高橋 岡村

(4名)


開会宣言  議長:池田厚子
        代表挨拶  代表:小島律子
        音文創  高橋秀文氏
         ・創立13年目を迎えました。
         ・20年度事業成果・21年度取り組み事業 ・指導者養成 ・音検 ・特別講座 ・シンポジウム
 
 第1議案 平成20年度活動報告(一瀬)
 
 第2議案   〃    会計報告(早川) コンサートなどの大きな支出がなかったので収入が多い。22年度のコンサートの為に残を多くし、
                           個人負担を少なくするため。

 第3議案 平成21年度会計予算案(早川)⇒会計監査尾本・・・拍手を以て承認
 
第4議案 平成21年度活動予定
        小島・・・《錦林KIDS音楽クラブ》は文化庁委託事業の「伝統文化こども教室」として実施。
             開催日など未定で後日連絡する旨説明
        石角・・・《東っ子Brillanteクラブ》(財)音文創の助成で3回実施予定
             お箏・ハンドベルなどで協力者を募る
        池田・・・《音楽と絵本を楽しむコンサート》子ども夢基金助成の事業として実施。第2日曜日開催。

 その他  「国際音楽の日」記念コンサートについて
        会場国際交流会館は1年前から予約可なので平成22年10月3日(日)に予約することに決定。
        形式は会員の演奏、演奏者招待、シンポジウム形式を入れるなどは未定。
        各自地域に働きかけて、事業を拡大していきましょう。
            

                                                                (記録:一瀬弥生T.)

平成21年10月19日(月) 10:00〜11:30(於 ひと・まち交流館 京都 (第5会議室にて)

第1回研修会 「こどもたちのためのわらべ歌と遊びの実際」
          講師: 《ことこと倶楽部》上西律子・中井英美・木戸友利子各先生
        
出席者: 小島・池田・石角・実藤・久保・福永・小石・尾本・北川・辻・花月・木之下・岡田・岡村・高橋 (15名)

    ☆会議室の机を片寄せ、空間を作り輪になって講習を受ける。
    ・講師の紹介
    ・《ことこと倶楽部》の活動について
    ・今回の研修の目的と内容について・・・レジュメに沿い主に京阪地域のわらべ歌と遊び方の実際に体験した。
     (手まり、おじゃみも使用して童心にかえって会員一同楽しんだが、この生き生き感を子供たちにも伝えたい)

    
同日12:00〜 時間延長のため2階ロビーにて

第1回「国際音楽の日」記念コンサート相談会
 開催日 : 平成22年10月10日 (朝リハーサル 2時開演4時30分終演予定
 会場   : 国際交流会館イベントホール
        控室としての会議室2室は1室として仕切りなしで依頼することに。
        会場使用料を支払うことを了承。
 相談案件…*有料or無料            ⇒1000円ということで決定 有料
         *チャリテーとして開催するか? ⇒京都新聞(社会福祉事業団)に寄付という形で「国際音楽の日」の広報も兼ねてに決定
         *NW・京滋単独開催か近畿ブロック合同開催か ⇒京滋独自開催に決定
         *曲目について 前回同様邦・洋で各々45分は決定し、コラボ曲・"Peace of Heart”45分は合同で。
         *子供の出演は各自の生徒の自主参加で合同曲をという意見あり。
         *その他―シャンソン、ピアニカ、ベルと箏、三枚のお札―等。

次回研修会決定
  日時: 平成22年2月8日(月)10:00〜12:00
  場所: 錦林小学校ふれあいサロン
  内容: 「ベル」で「さくら」の演奏・・・可能であれば箏との合奏まで
  ☆ 「国際音楽の日」記念コンサートの出演曲としての可能性を探ろうということに。

11月23日のシンポジウム参加者の割り当て30%=9人についてのお願い
  各自に5000円補助について了承される
  池田・石角・高瀬・花月・木之下・小島・福永・増田・山田予定参加者となる

今年度の事業報告
 「学校への芸術家派遣」 @ 宇治市立第二笠取小学校 会員3名 3回
                 A 京都市立錦林小学校    2回のうち1回は箏4名、尺八1名で創立記念日に演奏
                 B 京都市立近衛中学校 未定であるが例年のように2回授業の可能性
 「こども夢基金」       @ 長浜で「音楽と絵本」 6回
 「伝統文化子ども教室」  @「錦林KIDS音楽クラブ」 18回 10月31日みやこめっせで「古典の日」演奏依頼あり

        

平成20(’08)年度
☆4月24日 全国ネットワーク代表者会議 (今回から名称変更)
☆5月27日 第5回ネットワーク・京滋総会
☆8月26日 第1回幹事会
☆2月 9日 第2回幹事会

平成20年4月24日(木) 14:00〜16:00(実際は16:20まで) 於 水道橋グランドホテル2F

1.開会                 幹事長 藤井 京子
2.挨拶                 理事長 嶋崎 譲
3.新任挨拶              理 事 江村 尚彦
4.平成19年度活動報告

平成19年度の事業成果
1.文部科学省
 ■地域子ども教室 
   ・内容:全国41会場での「地域子ども教室」の展開(18年度からの継続・自主運営)
 ■放課後活動支援モデル事業(青表紙の報告書あり)
   ・内容:8会場を選抜し実施(札幌、新潟、日光、つくば、平塚、愛知、京都、兵庫)
   ・予算:850万円
2.文化庁
 ■「文化芸術による創造のまち」支援事業
  ・神奈川県平塚市 七夕と竹をテーマにした文化芸術の振興(人族楽器と洋楽・邦楽のコラボレーション、ミュージカルなど)(前年度より継続)600万円・・資料1
   (NW神奈川)
  ・栃木県日光市   音楽イベントの指導者育成と洋楽・邦楽のコラボレーション体験などによる音楽文化交流(前年度より継続)        900万円・・資料2
   (NW栃木)
  ・山口県やん用小野田市 竹楽器づくりから子ども竹楽器オーケストラの結成と音楽劇「生きる」による青少年へのメッセージ発信       1200万円・・資料3
   (NW山口)
 ■文化体験プログラム支援事業
  ・新潟県聖籠町  本物の音楽芸術体験をコンセプトとした小中学校での体験プログラム、金管アンサンブルによる音楽ワークショップ(前年度より継続)
   (NW新潟)                                                                                 450万円・・資料4
  ・栃木県鹿沼市  市内の小学生を対象としたミュージックベルと管楽器の体験プログラム                                 230万円・・資料5
   (NW栃木)
 ■学校への芸術家派遣事業
 
地域 新潟 埼玉 千葉 神奈川 静岡 京都 愛媛 高知 (合計)
学校数  11   5   1    2   6   2   4   3   34

3、生涯学習音楽指導員養成講習会認定者推移
17年度 18年度 19年度
C級 645 695 786
B級 373 473 495
A級 32
認定者数(計) 1,018 1,168 1,313
洋楽系 738 854 958
邦楽系 280 314 355

全国シンポジウムの報告

5.平成20年度活動方針と計画

平成20年度の重点取り組み事業
【文部科学省】
@「放課後子どもプラン」事業の民間団体委託へ向けての働きかけの継続
Aおんがくっ子塾「地域子ども教室」は予算措置終了後も、指導員の自主運営により継続実施
*資格認定された音楽の専門的な指導者をj五化すために、最低限の謝金と諸経費が確保できるような予算措置を国に対して要望
【文化庁】
■音振法に基づく国際音楽の日の推進
@平成8年より平成17年まで10年間実施して来た地域行政機関、民間団体、ネットワーク等が連携して行う国際音楽の日記念事業を継続する。
A創造のまち支援事業・地域人材の活用による文化活動支援事業の一環として国際音楽の日記念シンポジウム、コンサート、ワークショップ等を行う。
B各ネットワークの主催事業、共済事業をして国際音楽の日記念コンサートを行う。

■文化芸術による創造のまち支援事業の継続推進
地域 内容
新潟県聖篭町 地域特性を生かした合唱プログラムの創造
山口県山陽小野田市 竹材を活用したたけがっきによる音楽文化の創造(前年度より継続)

■地域人材の活用による文化活動支援事業
地域 内容
神奈川県平塚市 地域人材を活用した子供たちに対する邦楽、邦楽、民族音楽の体験プログラム

■学校への鯨油つか派遣事業の継続推進
地区 新潟 栃木 埼玉 千葉 神奈川 静岡 福井 京都 愛媛 高知 (計)
学校数 40

■伝統文化子ども教室
  北海道札幌市、高知県香南市、山口県山陽小野田市、栃木県日光市、石川県金沢市、福井県福井市(6)

【生涯学習音楽指導員養成講習会】
■20年度講習会開催予定 
BC級 地区 日程 会場 予定人員
1回目 東京 8/29金―31日 東京学芸大学 150
大阪 8/22金―24日 大阪音楽大学 100
2回目 東京 3/ 6金― 8 日 東京学芸大学
大阪 3/13金―15日 大阪音楽大学

■指導員研究会ネットワーク全国シンポジウム開催
  11月24日(祝)  (於) 尚美学園バリオホール
6.挨拶                常務理事 久保庭伊佐男
7・まとめ                理 事  澤崎 眞彦

音楽文化振興基金(案)
【概要】
(1)目的
ア、「国際音楽の日」の普及のための事業、その他音楽を通じた文化交流事業の実施及び支援
イ、「音楽検定」普及のための事業の開発及び実施

(2)初年度基金用途(ネットワーク関連)
@国際音楽の日記念事業への実施支援  200万円
A生涯学習音楽指導活動支援        100万円・・・地域子ども教室への支援等
Bネットワーク活動支援              50万円・・・シンポジウム発表への交通費
Cネットワーク音楽検定活動支援        50万円

平成20年5月27日(火)10:30〜12:00 (於 ひと・まち交流会館 京都第2会議室)

出席者 :小島・池田・一瀬・石角・実藤・福永・小石・早川・尾本・林田
(14人)       中西・辻 ・和田・足立

音文創事務局長:江村尚彦氏

見学者:木之下・花月・中村・鳥居
(8人)  河田・山崎・岡村・竹林 ・・・C級音楽指導員受講中
                       開会宣言  議長:池田厚子
                       代表挨拶  代表:小島律子
                       音文創理事 江村尚彦氏挨拶

  第1議案 平成19年度活動報告 : 一瀬弥生
                配布書類(HP平成19年度の活動)から主な事業を説明
                    1.《錦林KIDS音楽クラブ》14回 放課後活動支援モデル事業として6回
                    2.学校への芸術家派遣事業 錦林小学校・近衛中学校の2校
                    3.田辺東小学校PTA招へいによる邦楽コンサートと体験教室
                    4.「国際音楽の日」記念コンサート(近畿ブロック)の参加出演

  第2議案 平成19年度会計報告   : 早川和子
  
  第3議案 平成20年度会計予算案  : 早川和子
      会計監査:尾本朋子より間違いない旨報告・・・・・会員多数の拍手で了承決定。

  第4議案 平成20年度活動予定
        * 《錦林KIDS音楽クラブ》の過程と今年度の予定・・・学校ボランティアとして20回開催予定等 :小島
        * 《東っ子BRILLANTEクラブ》の現状について・・・内閣府の事業計画に参画試行 :石角
        * 学校への芸術家派遣事業・・・今年度は3校 (錦林小学校・近衛中学校・朱雀第8小学校) 
        * 第2回「国際音楽の日」記念コンサートの開催について
         隔年開催希望が多く、今年度は力をためる年にということに決定。
        * 副代表に石角朋美を幹事会で決定したことを報告 : 小島

  第5議案 その他
        *「研修会」について 昨年度は「国際音楽の日」記念コンサートのためできなかったので今年度の希望をとる
           ・「音楽療法」高瀬佳子T.を講師にと希望。
           ・「中国の二胡」の研修は?・・和田晶子T.を講師に?
           ・和田さんからは逆に「源氏物語」に因んだ曲の研修を希望された。

 音文創・江村尚彦氏より各事業の説明があり、会員各自に様々な資料を配布した・・・残があるので希望者は申し出てください

    (終了後《錦林KIDS音楽クラブ》の参加予定日表に各自記入)

                                                           (当日記録:実藤道子


平成20年8月26日(火) 10:30〜12:30 (於 阪急ホテルロビー)
第1回幹事会 出席者:小島・一瀬・池田・石角・早川

 *(財)音楽文化創造からの書類(提出期限9/1)に対する相談  (メールからのプリントアウト資料P.13をもとに)

  ○ 会員数の確認・・・奥野T.の退会、塚元T.今年度限りの休会を報告 現会員数30人・・・了承
  ○ 「特別講座」について
     @洋楽と邦楽の編曲 A企画書作成のコツ Bみんなでたのしもう レッツ!ミュージカル!
     興味はあるがNW・京滋が実施するとなると日の設定、場所探し、参加人数等で大変である。
     近畿ブロックのどこかが実施するなら都合の付く興味のある会員が参加ということに。
      ・・・早速NW・大阪のN先生に報告。
  ○ 音文創の助成事業について
     @国際音楽の日 ⇒ 来年度
     ANW活動    ⇒ @普及活動費・・・申請する
                   A研究活動費・・・9月、11月、1月、3月の4回を申請することに。
     B音検       ⇒ 各自が学校に当ってみることに。
  ○ 今年度のモデル事業≪京都おんがくっ子塾≫の詳細について
    指導員からは講師4人・安全管理員2人の6人体制で、安全管理員の2人は企画申請通り学生さんに依頼する。
    6回の空欄は連絡網で募集して、できる限り指導員の経験値をあげる方向にすることに決定。
    謝金についても公平にとの結論を得た。
    早川T.より3校へ配る予定のチラシ見本を各自受け取る。
  〇 ≪錦林KIDS音楽クラブ≫について
    電話で錦林祭は11月8日(土)午前と確認。内容は今のところ未定。
    担当者の空欄部分の調整をする。
  
                                                            (文責 小島)

平成21年2月9日(月) 10:30〜12:30 (於 阪急ホテルロビー)
第2回幹事会 出席者:小島・一瀬・池田・石角・実藤・福永・早川・久保

   *2008年シンポジウム(平成20年11月24日開催)の報告
    ・研究コンサートにネットワーク・近畿ブロック「国際音楽の日」記念コンサート出演曲「京のわらべ歌」出演報告

   *京都おんがくっ子塾の経過報告と相談
    ・第1回11月29日より第6回開催最終回の発表会ミニコンサートのチラシの色見本、内容の検討
     ⇒背景黄色が春らしくてと選定
    ・謝金の了解⇒早川T.より説明

   *学校芸術家派遣の報告と相談
    ・学校ボランティア等で各自振込されるが、疑問の時は小島や会計に問い合わせること。

   *総会の日程について
    ・平成21年5月12日(火) ひと・まち交流館 京都第3会議室での開催決定。

   *「国際音楽の日」記念コンサート開催について

    ・開催することに決定。⇒10月1日「国際音楽の日」近くの10月3日(土)を会場の国際交流会館に打診するも×。
                    日時は未定。
   
   *活動区域を3か所に分けてそれぞれが活動してみるということに。
    ・京都南部:京田辺市の石角T.(A級指導員)を中心に⇒今年度の企画に対して音文創から10万円の予算。
    ・滋賀地区:池田T.(A級指導員)と福永T.の連携で  ⇒草津福祉会館を会場に事業申請を考える。
                 
                                                         (実藤T.の記録から小島文責)




                                                   


平成19年度(2007年度)

☆ 5・ 1  全国中央幹部会
☆ 5・14  第4回ネットワーク・京滋総会

平成19年5月14日(火)10:30〜12:00 (於 ひと・まち交流会館 京都第1会議室)
第4回 総会

出席者: 小島・林田・池田・実藤・久保・一瀬・小石
(15人)  尾本・高瀬・早川・辻 ・北川・中西・岸見
        山田
 音文創事務局長 :高橋秀文氏
開会宣言  議長:池田厚子
開会挨拶  代表:小島律子

音文創高橋秀文氏挨拶
昨年度の状況と今年度のこと
○こどもの居場所づくり・・・平成18年度で終了
                平成19年度は文部科学省の地方行政の委託事業、補助事業になる。
                文部科学省の事業・・・地域こども教室として20年度スタートする。
○《文化芸術による創造のまち」支援事業・・・東京板橋区と山口県で。

○A級音楽指導員研修・・・松本で2月実施、8月論文提出。
○音楽検定・・・2007年10月28日(日)実施 30日解答発表
              12月1日(土) 団体会場実施(5級・4級・3級のみ)
    ☆平成19年度は・・・2級・3級は洋楽のみ実施される。
    ☆平成20年度より入学試験に取得者優遇される学校もある。
  ●団体会場・・・受験者10名くらいから実施可能
         ⇒実藤道子より団体会場に京都府立鳥羽・桃山高等学校の提案あり交渉してみることとなる。

第1議案  平成18年度活動報告 配布プリントで発表:林田一枝

第2議案  平成18年度会計報告     〃       :一瀬弥生

第3議案  平成19年度会計予算案    〃      :小石三和子
    ☆《「国際音楽の日」記念コンサート》のチケット代について
      チケット10枚分の個人負担を、5枚をNW・京滋で受け持つので追加希望は申し出ることと。
      拍手で承認される。

第4議案  平成19年度活動報告:小島律子
    ☆平成19年度学校支援ボランティアの団体登録しました。
      1名1回につき2,000円(税引き1,800円)。
    ☆《錦林KIDSおことクラブ》という形で存続なので、規模縮小で4人体制でいくことになる。
      (参加予定日表を回覧して各自記入する)
    ☆《東っ子Brillanteクラブ》は年3回実施するが、学校派遣事業を使う。
    ☆次回研修会は、音楽療法士である高瀬佳子を提案・・・拍手__但し日時は決めず。
    ☆《「国際音楽の日」記念コンサート》プログラムデザイン作者早川和子からデザインの提示あり。
    ☆近畿ブロック会議に司会に決定の中西滋子出席依頼、応諾。

第5議案  その他
    ☆京滋幹事交代・・・副代表:林田一枝⇒一瀬弥生
                 会計 :一瀬弥生⇒早川和子
     拍手で承認される。
    ☆連絡網の変更相談

  ●会計・・・NW・京滋今年度会費5,000円とチケット代5,000円集金。
                                                      (当日記録:実藤道子

平成19年5月1日(火)14:00〜16:30 (於 アカデミー文京「学習室」)

関口代表 挨拶   :  何事もやれば成就すると実感した。
                「鈍感力」を読んでゆっくりとと。
嶋崎理事長 挨拶 :   音楽創造が出来て10年、ネットワークが立ち上がって3年が経った。
                感慨深いものがある。
久保庭新理事挨拶 :  元文化庁

平成18年度活動報告
1)ネットワーク年間活動
 *全国中央幹部会実施 06.11.22  活動報告と来年度活動方針
   ・活動地域 47都道府県 現在 28都道府県

 *シンポジウム  06.11.23
   ・参加数 210名(前年度 126名)
   ・全体会 「放課後の音楽レッスン」 講師:大谷悦子
   ・分科会 「高齢者の音楽指導」「団塊世代の音楽指導」「学校での音楽指導」「邦楽と洋楽のコラボレーション」
         「手話コーラスワークショップ」「手作り楽器ワークショップ」「パソコンお役立ち講座」
   ・研究コンサート 分科会受講者によるコラボレーションコンサート
   ・活動事例展示 各ブロックより別室にて展示
   ・参加証      全国シンポジウム参加証発行

 *音振法推進会議―全国協議会― 06.11.24
   ・邦楽と洋楽のコラボレーション演奏とお話 尺八演奏 人間国宝 山本邦山 エレクトーン奏者 柴田 薫
   ・基調講演 「更なる音楽文化の振興によせて〜音と人間、その原風景と現風景」大阪音楽大学理事長 西岡信雄
   ・事例発表 神奈川「邦楽・洋楽・民族楽器で綴る竹物語」
   ・NW全国シンポジウム報告
   ・財団法人音楽文化創造 事業報告
   ・音検1級合格者紹介

*音楽検定 実施状況
   ・公開会場受験者数 139会場 4,540名  団体会場 45⇒75⇒115会場 2,447名
   ・5級 1,995名  4級 2,283名  3級 2,011名  2級 615名  1級 83名

*生涯学習音楽指導員の状況(2007.4月現在)
   ・認定者     C級 1,168名   B級 474名
   ・現在受講中  C級   245名   B級 176名   A級  35名  合計  456名

平成18年度の事業への取り組み
文部科学省
 ●地域子ども教室推進事業(委託事業)
   ・内容:全国50会場での「地域子ども教室」展開
   ・予算:4,151万円

2.文 化 庁 (事業総額:3,600万円)
 ●
「文化芸術による創造のまち」支援事業
   ・地域:神奈川県平塚市(ネットワーク神奈川)
   ・内容:七夕と竹をテーマとした文化事業の振興(民族楽器と洋楽・邦楽のコラボレーション、ミュージカルなど)
 ●「文化芸術による創造のまち」支援事業
   ・地域:栃木県宇都宮市(ネットワーク栃木)
   ・内容:将来的な邦楽指導者の育成と伝統音楽普及のためのプログラム
 ●「文化芸術による創造のまち支援事業」
   ・地域:栃木県日光市(ネットワーク栃木)
   ・音楽イベントの指導者育成と洋楽・邦楽のコラボレーション体験などによる音楽文化交流
 ●文化体験プログラム支援事業
   ・地域:新潟県聖籠町(ネットワーク・新潟)
   ・内容:本物の音楽芸術体験をコンセプトにした小中学校での体験プログラム、オーケストラによる音楽ワークショップ
 ●学校への芸術家等派遣事業
   ・地域:新潟:8項50回、栃木:1校2回、静岡:3校7回、高知:4校20回、愛媛:1校5回 計84回
   ・内容:レクチュアーコンサート、体験コンサート、指導者指導プログラムなど
  【第二次募集申請 平成19年1月〜3月実施分】
   ●新潟県聖籠町立亀代小学校  指導者指導3回、学校公演3回、全6回
   ●埼玉県熊谷市立中条中学校  レクチュアーコンサート&体験教室1回
   ●愛媛県松山市立素鵞小学校  レクチュアーコンサート&体験教室3回

3.生涯学習音楽指導員養成講習会(A級)の実施
 《終了スケジュール》
   ・平成18年 6月:実施告知(対象者に案内)
   ・平成18年 8月:受講申込書及び「実践研究レポート」提出
   ・平成18年11月:受講四角審査
   ・平成18年11月:面接審査
   ・平成19年 1月18日(木)〜20日(土) :第1回目講習会
   ・平成19年 3月31日:課題研究レポート提出
 《今後のスケジュール》
   ・平成19年 4月29日(日)〜30日(月):第2回目講習会
   ・平成19年 4月〜8月:修了研究
   ・平成19年 8月31日:修了研究レポート提出
   ・平成19年10月:最終面接
   ・平成19年11月:A級指導員資格認定

平成19年度 NW活動スケジュール
   ・シンポジウム  11月23日(金) 於虎ノ門発明会館
   ・全国中央幹部会 5/1(火)13:30〜16:00  11/24(土)10:00〜12:00
   ・おんがくっ子塾担当者会議 西日本7/5  1/31(木)
   ・養成講座 8/24・25・26
   ・国際音楽の日まなびピア  千葉6/30  愛知8/31 平塚10/7 近畿10/14

平成19年度の重点取り組み事業
1.文部科学省
  ●平成20年度「放課後子どもプラン」事業参入に向けての準備
   @委託事業から地方公共団体に対する補助事業になったため、民間団体に積極的に事業を委託するよう
    地方公共団体に対する更なる働きかけを要望する。
   A二年間の成果の火を絶やさぬよう、平成19年度も「地域子ども教室」を自力で継続実施する。
   B資格認定された音楽の専門的な指導者を動かすために、最低限必要な謝金と諸経費が確保できるような
    条件整備を要望する。
  ●初等中等教育における音楽の授業における補完的な活動への取り組み
   @音楽検定の内容を学習指導要領と整合させる。
   Aさらに、聴いて楽しく、学隆吾に生徒の評価の目安がわかるような「補助教材」を開発し、普及させる。
   B上記に平行して生涯学習音楽指導員の学校における活動(補完的役割)の場づくりを行う。
   C以上の活動により、「音楽検定」の普及を推進する。

2.文 化 庁
  ●国際音楽の日の推進
   音楽振興法に基づく国際音楽の日記念事業の推進。
   @平成8年より平成17年まで10年間実施して来た地域行政機関、民間団体、ネットワーク等が連携して行う
    国際音楽の日記念事業を再度継続する。
   A創造のまち支援事業・文化体験プログラムの事業の一環として国際音楽の日記念シンポジウム、コンサート、
    ワークショップ等を行う。
   B各ネットワークの主催事業、共済事業として国際音楽の日記念コンサートを行う。
  ●創造のまち支援事業の継続推進
   @山口県山陽小野田市(ネットワーク・山口)☆新規事業
   A東京都板橋区(ネットワーク・東京)☆新規事業
   B神奈川kフェん平塚市(ネットワーク・神奈川)★継続2年目
   C栃木県日光市(ネットワーク・栃木)★継続2年目
  ●文化体験プログラムの継続推進
   @新潟県聖籠町(ネットワーク・新潟)★継続2年目
  ●学校への芸術家等派遣事業の継続推進
   ・従来どおり継続。
   ・洋楽のプログラムの強化(鑑賞型・体験型コンサート、指導者向けアンサンブル指導)
  ●伝統文化子ども教室への参入(文化財部伝統文化課・(財)伝統文化活性化国民協会)
   ・実施団体として新規参入を目指す。
   ・19年度は一部の「地域子ども教室」が伝統文化子ども教室に形を換えて実施予定。

                                                          以上



平成18年度(2006年度)  注 : 次の全国中央幹部会開催までを年度内として掲載しています
☆ 4・11  第3回ネットワーク・京滋総会
☆ 4・25  全国中央幹部会
☆ 7・20  第1回近畿ブロック会議
☆ 9・18  第2回近畿ブロック会議

☆11・22  全国中央幹部会
☆ 2・26  第5回近畿ブロック会議
☆ 4・23  第7回近畿ブロック会議


平成18年4月11日(火)10時から(於キャンパスプラザ第2会議室) 
第3回総会

出席者:小島・林田・池田・実藤・一瀬
(20人) 小石・福永・石角・尾本・辻
     北川・岸見・山田・西野・中西
     野ア・高瀬・早川・杉本・多羅

音文創事務局長 高橋秀文氏

1. 開会の挨拶      議長 池田厚子

2. 代表挨拶        代表 小島律子 「今年度はおんがくっ子塾が1箇所増えていそがしくなりそうですがよ                                    ろしくお願いします。
3. 音文創事務局長  高橋秀文氏挨拶 ◎平成18年度の文化庁事業の紹介(パンフ)
                                  1.学校への芸術家派遣事業
                                  2.「文化芸術による創造のまち」支援事業
                                  3・「文化体験プログラム」支援事業
                                 ◎平成18年度地域子ども教室実施一覧

                          ◎音検査の話(パンフ)受験者アンケート:80%楽しかった                                                       
                                  
4. 第1議案報告(平成17年度活動報告⇒HPの活動報告と同じ) 石角朋美
5. 第2議案(平成17年度会計報告)  小石三和子
6. 第3議案(平成18年度会計予算案)    〃

7. 第4議案(平成18年度活動予定)  小島律子
  ◎平成18年度地域子ども教室推進事業おんがくっ子塾
    2年目《錦林KIDS音楽クラブ》5/29より月曜日30回開催予定初回ミニコンサート
    1年目《東っ子Beillanteクラブ》4/15より土曜日30回開催予定(8月はなし)
  ◎生涯学習音楽指導員による第2回国際音楽の日記念コンサートについての意見交換
   1〜10回目までの音文創でのコンサートの説明・・・高橋氏
   会員の多数が会員出演のコンサートは隔年開催希望
   MIL・京滋アンサンブルと言う形で出前コンサートをできる形で演奏練習を有志で重ねる
    ⇒⇒ 間の年は何らかの形で(プロデュースという形など)開催するということに多数決で決定!

  ◎追加項目として「研修会」手作り楽器・子どものおんがく遊びなどの講習、
                    音検の各項目を深める講習の提案。
                     ⇒意欲的な反応はない

幹事の交代    滋賀の岡本由美子さん病気で退会・・・→ 野ア清美新幹事承認される。
連絡網の再編成・・・PCmail かFaxで⇒小島作成
新会員・・・多羅みち子

☆その他書き込み提出
 1.ホームページ用プロフィール各自書き込み、提出⇒欠席者10人にはFaxで依頼⇒小島
 2.《錦林KIDS音楽クラブ》予定表に各自都合のつく日を記入⇒4/18小島・林田検討予定
 3.《東っ子Brillanteクラブ》    〃
                                         以上   11時45分終了



4月25日(火) 13:15〜15:15 (於アカデミィー文京 生涯音楽指導員研究会ネットワーク) 
全国中央幹部会

嶋崎理事長挨拶  * 地域子ども教室 31箇所⇒50箇所に
            * 芸術家派遣 49名登録
            * 国際音楽の日 10回沖縄で了、今後は文化庁町おこし村おこし事業に
            * 11月ネットワーク研究会を学会NPOの役割としたい
平成17年度活動報告
平成18年度活動方針
   ●ネットワーク中期テーマ 第3期         
            *文部科学省 委託事業の継続
            *文化庁    委託事業の継続
            *ネットワークによる音楽活動の事業化推進
             “文化芸術による創造のまち支援事業(国際音楽の日)”への取り組み 各ネットワークにて実施展開   
   ●演奏家派遣事業における演奏家集団育成
            *関西地域での展開経過
   ●A級講習会 認定講座
            *実施に向けて・・・
          →概要案提示 ・平成18年 6月:実施告知(対象者に案内)
                    ・平成18年 8月:受講申込書、「テーマ研究レポート」
                    ・平成18年 9月:受講資格審査
                    ・平成18年10月:受講者への通知
                    ・平成18年11月24日10:00〜12:00:説明会実施 (テーマ別にグループ分けを発表)
                         
・平成19年 1月18日(木)〜20日(土):第1回講習会 於:(今回は)長野県松本市
                    ・平成19年 3月31日:課題研究レポート(8,000字程度)提出
                    ・平成19年 4月29日(土)〜30日(日)第2回講習会 於 東京都内
                    ・平成19年 8月31日:修了研究レポート(12,000字程度 図表、資料を含む)提出
                    ・平成19年 9月   :最終面接
                    ・平成19年 9月   :A級指導員資格認定
NW平成18年度 年間スケジュール予定
            *全国中央幹部会  11月22日
            *シンポジウム     11月23日
            *音検          10月22日(日)
            *学校派遣演奏家オーディション応募案内送付 12月、 1月オーディション
            *子ども教室研修会  6月1日(木)於大阪   [ 10/24(火)  1/31(水) ]

 



7月20日(金) 10:00〜17:00(於 西宮プレラ4階)
第1回近畿ブロック会議  (NW・京滋からの出席者:小島・林田・石角)

☆全員一致で近畿ブロックコンサート実施が午前中に決定し、具体的な検討に入る。         
   *  
時期 H.19年国際音楽の日101日を目指す。   
10
/ 6(土) 13(土) 14(日) 20(土) 27(土)が候補日となる
   
会場 大阪で公会堂・ドーンセンター・国際交流会館・クレオなど候補に上る。
   *   内容 各NW毎に2〜3曲  邦・洋・コラボ曲  会のテーマを決める 例えば愛、平和 ⇒ 次回に
     実行委員会 各NWから3人くらい
吉岡:持ち回りでよく内容を説明して数人になるかもしれない
   睦好:度ごとにメンバーが変わるのは好ましくないので今出席の人の参加を希望

     予算 5万円補助・・・50万円くらい(有料コンサートに決まる)

     当日の時間割 ・・・朝リハーサル、本番は2時間(14:00〜16:00)

     近畿ブロックのテーマ曲・・・公募して決める

次回会合と内容概略:

@       918日(祭)10:0013:00 於 ラボ

・テーマ決定(各ネットワークで聞いておく)

A       1113日(月)10:0013:00 於 ラボ
     会場決定     チケット、人


9月11日(月)

  第3回研修会の前に前記の伝達と京滋からの提案を検討
    ・ テーマとして 「虹」 「和」
    ・11月13日(月)は錦林KIDS音楽クラブと重なった為 池田・石角・中西が出席となる。

   

9月18日(祭) 第2回 近畿ブロック「国際音楽の日」コンサート会議

NW・大阪    乗友美智子・伊藤寿美子・青山敬子・片山麻子
          NW・兵庫    今泉貞子・濱野民枝・牛原裕子・中島桃子
          NW・京滋    小島律子・林田一枝・石角朋美
          NW・奈良    吉岡紘子・久保純子・張田博子 

実行委員会
   ☆名誉会長 睦好成子 ☆委員長 青山敬子 ☆会計 伊藤寿美子 ☆ 書記 片山麻子
    ☆副委員長☆  NW・京滋(35名) 小島律子  NW・兵庫(24名) 牛原裕子
                 NW・奈良(9名)  張田博子  NW・和歌山(1)  堀井ミヨ子
                 NW・大阪(38名) 片山麻子 
コンサートのテーマ・サブタイトルについて
   NW・京滋・・・虹と和  *NW・兵庫・・・絆  *NW・大阪・・・愛 
   NW・奈良・・・()音楽文化創造とは?生涯学習と音楽
       これらの言葉を全て盛り込んだサブタイトルをつけてはどうか?
        次回に決定するのサブタイトル(キャッチフレーズ)を考えてくる。
テーマ曲
   歌詞付きのテーマ曲を作るとイメージを表現しやすいのではないか?
   作詞、作曲を公募して、NW・京滋にお願いする。
会場取り
   日程: 第1希望・・20071014()、第2希望・・13()、第3希望・・6()
          第4、5希望・・20()27()
   会場:  @10/  クレオ中央   NW・京滋(小島石角・実藤)・・会場としては第1希望
         A10/4 ドーンセンター  NW・大阪(伊藤寿・川村・宮本)
         B10/6 中央公会堂    NW・大阪(片山)    
       上記の順番で会場取りをする。申込書には、次のように書いて提出。
      *タイトルは「音楽文化創造近畿ブロック国際音楽の日記念コンサート」
      *主催は「(財)音楽文化創造 生涯学習音楽指導員研究会ネットワーク・近畿ブロック」
      *内容は「邦楽・洋楽・コラボの演奏会」etc.  *出演者数は各ブロック15名として約60
      *代表者の名前・住所は睦好先生、連絡先は青山  *チケット料金は1000円くらい
      *できれば準備・搬送の為、前日の夜間から取る。 *出来るだけたくさんの控室も取る。
企画・構成
   NW20分〜25分。5NWあるので休憩を入れて2時間くらいのコンサートとする。
   次回までに 全体的な流れ(何部構成にするか)や、曲目などを挙げて来る。
   NW・奈良はスライド付きの『花さき山』と『樹冠』を希望。レベルの高いもの。今回は洋楽は無し。  
   *
NW・兵庫、NW・京滋、NW・大阪は未定
広報 > 各NWの副委員長が中心になる。
チラシ・チケット・プログラム
   チラシ、プログラムのデザインは、知り合いのプロのデザイナーに頼んで一度見積もりを取ってみる  
   と、
NW・兵庫の方で提案してくださった。但し、予算が合わなければ別のところ(方法)なる可能  
   性もあり。 
チケットの管理は各NWの副委員長が中心になる。
連絡方法 > 議事録は各NWの副委員長にメール添付するので、あとは各会員に回す。
今後の予定
    1016日(月)10:00〜   於:大阪市立総合生涯学習センター[ラボ]
        次回、平成18年度分の近畿ブロック費を集めます。11000円です。1000円×NW会員数) 
        会場が決定している予定。
         サブタイトル(キャッチフレーズ)を決定
    1113日(月)10:00〜   於:大阪市立総合生涯学習センター[ラボ]

  2月26日(月) 第5回 近畿ブロック「国際音楽の日」コンサート会議

 

大阪市立総合生涯学習センター[ラボ]
                                 2007226日(月)10:0012:10

 出席者:近畿ブロック代表  睦好成子
      近畿アドヴァイザー 倉富健一
      NW・京滋     小島律子・林田一枝・早川和子
      NW・奈良     吉岡紘子
      NW・大阪     川村千恵子・青山敬子・片山麻子・伊藤寿美子・重山直子
      NW・兵庫     岩崎久仁子・濱野民枝・牛原祐子・中島桃子  (計:15名)

プログラム順を決める 
    NWの出演曲貼りだし〉
       ⇒舞台転換を考えてスムーズに進めることを主眼に。
        ピアノは下手、エレクトーンは上手に置いておき、ソロ曲の時は前に出す。
        曲順は各NW名を書かずに、全体の流れを考えて配列する
        幕開き曲はにぎやかにはじまるのが良いということで1番目曲決める。

     1.「日本の四季」     コラボ(箏4)    大阪 15
     2.「つるのおんがえし」  箏4、十七弦1、尺八 奈良 11
     3.「曲未定」       フルート、ピアノ   京滋 5
     4.「アヴェ・マリア」   声楽、ピアノ、箏   兵庫 5
     5.「アルハンブラの想い出」ギター、ピアノ    兵庫 5
     6.「虹」         箏          京滋 10
        ・・・・・・休憩・・・・・
     7.「信楽狸」       箏14面他       大阪 15
     8.「曲未定」       シャンソン、ピアノ  京滋  5
     9.「京のわらべ歌」    コラボ        京滋  7
    10.「樹冠」       箏4          奈良 14
    11.「情熱大陸」     vi.gui.pi.ele.    兵庫 5
    終曲 「Peace of Heart」               全員 (伴奏 京滋)
   
      兵庫の「春の海」は箏演奏者が少ないということで、なくなる。
      仮プロなので変更は可能ということ。
       会場は夜も予約していたが4時に終わるということで、夜はキャンセルすることに決定。
      コンサートのテーマは司会に一任で、テーマに沿っての進行をしてもらうということに。
      幕なしの暗転で進行することにする・・時間短縮のため

〈チラシ、チケットのデザインを決める〉
   NWから提出のチラシ見本を多色刷りは最初の条件に合わず却下して、1色刷りの3
 (何故か3
NWから1点づつ)から挙手の多数決で決定した。(NW・京滋 早川和子作に)
    *   キャッチコピーは正確にそのまま入れてとの、要望あり。
         チケット代金は、新年度の会員数×チケット10枚分(1万円)を6月中に
      
NW・近畿ブロック会計に振り込むこと
     (振込み先、振込み番号のコピーを各
NW受け取る)

 〈次回は 319日(月)10:00〜 ラボにて〉
    *   後援先を決めてくること。
         各係、役割を考えること。
    経費を煮詰める。
     *    舞台の背景の効果を考える

  



4月23日(月) 第7回 近畿ブロック「国際音楽の日」コンサート会議

出席者:近畿ブロック代表 睦好成子
     音楽文化創造   輪湖一男

        NW・京滋     小島律子・林田一枝
        NW・奈良     吉岡紘子・久保純子
        NW・大阪     川村千恵子・青山敬子・伊藤寿美子・片山麻子・乗友美智子
        NW・兵庫     濱野民枝・牛原裕子・中島桃子    計14名

生涯学習音楽指導員研究会ネットワーク・近畿ブロック規約(案)
   ・音楽文化創造の輪湖さんより説明を受ける
     平成19年5月1日より実施予定。内容は別紙の通り(各ブロック出席者持ち帰る)
     第9条「総会」については、毎年1回とあるが必要に応じて開催となる可能性あり
「近畿ブロック役員」
   ・近畿ブロックの役員を決定
        代表:睦好成子
        副代表:岩崎久仁子(兵庫) 小島律子(京滋) 吉岡紘子(奈良)堀井ミヨ子(和歌山)
        幹事長:乗友美智子(大阪)
「予算案」
   ・乗友先生より会計予算案についての説明あり  交通費は各自負担に変更
    ピアノ調律は予算にいれておく(楽器の運搬費に関しては各ネットワークで決める)  
    音文創より5万円の援助
   *予算案でクレオと共催になると会場費が安くなるかもしれないが、
   目的が変わるということで共催にはしないことに決定。
   赤字になるかもしれないが、その時は各NWで分割負担をする。
   また黒字の時は、売却枚数に応じて按分し、ネットワークに返金をする。

 
  *余裕を持って多い目に控え室を取っているので、経費節減のためにも、
   当日会場控え室利用数を減らす方向で今後検討してゆく。

「チラシ」
   ・各ブロック割り当て枚数・責任者決定
      (奈良) 1000枚   張田博子
      (大阪) 和歌山決定後  伊藤寿美子     
      (兵庫) 1000枚   濱野民枝
      (京滋) 1000枚   一瀬弥生
     (和歌山) 未定     未定
   ・連絡・問い合わせ先の代表者決定
      (奈良) 張田博子
      (兵庫) 牛原裕子
      (京滋) 小島律子
「当日の役割分担」
   ・兵庫から受付1人・会場1人・司会1人の申し出あり
   ・各役割については、出演者以外のボランティア(お弟子など)に協力をお願いしては
   どうかという意見が出た

   ・6月頃決定の予定
「全体司会」
   ・兵庫の渡辺洋子さん 京滋の中西滋子さんに1部・2部に別れて担当していただくことで決定

「プログラム」
   ・プログラムに載せる内容について協議
挨拶・曲目の他全会員の名簿を載せるかどうか協議
   ・会費徴収の関係から考えて載せた方が良い
   ・スペースの関係上無理ではないか
   ・出演者一覧表・テーマ曲・アンケートを当日差込みで入れる方法もある等の意見がでた。
   最終早川先生よりレイアウト(案)を出していただいた後決定
NW・大阪の和太鼓賛助出演について」
   ・和太鼓・エレクトーン等のコラボであり太鼓メインの曲ではないと言う内容を各ブロック持ち帰り、
   再度承認を得る方向で検討

NW・奈良の演奏曲変更願いについて」
   ・声楽の会員参加を考慮して、合唱花咲き山に変更の申し出があり協議の結果承認
   ・合唱花咲き山のうたに参加していただける人の募集

「PEACE OF HEART」
   ・京滋の小島先生よりMD頂く(各ブロック代表が持ち帰る)
   ・兵庫ブロックより当日の演奏について、京滋にお願いしたいとの申しであり
     京滋が担当の場合ピアノ演奏については6月以降の決定になるとの事
   ・各ブロック、MDを聞き練習
「後援・共催」
   ・奈良芸術協会・京都市・毎日放送の後援決定
   ・大阪市、文化庁の共催については未定(近畿ブロック規約作成後に申請予定のため)
「その他」
  ・反響板、雛段無しに決定


「次回予定」平成19年6月25日1000〜 於:大阪市立総合生涯学習センターネットワーク・ラボ
  ・演奏曲目、出演者決定
   ・舞台図
   ・招待状の振り分け及び必要枚数の決定




平成17年度(2005年度)

☆ 4・ 6 第2回総会
☆ 4・12 相談会
☆ 5・ 9 相談会
☆11・ 7 幹事会
☆ 4・ 3 幹事会

平成17年4月6日(水)10時から (於キャンパスプラザ)  
第2回総会

1.開会の挨拶                    議長 池田厚子
2.代表挨拶                     代表  小島律子
3.音文創理事                    輪湖一男氏挨拶
4.第1議案報告(平成16年度活動報告)   石角朋美
5.第2議案 (平成16年度会計報告)     小石三和子
6.第3議案 (平成17年度会計予算)        〃
7.第4議案 (平成17年度活動予定)     小島律子
8.第5議案 役員の交代について       
副代表小林志那子退会により林田一枝就任 
幹事(滋賀)遠藤多見子退会により岡本由美子就任 
会計監査小林志那子退会により尾本朋子就任
 








9.京都市教育委員会生涯学習部家庭地域教育支援課課長大黒喜裕氏就任挨拶に。

◎ 平成17年度活動予定について
 ☆《錦林KIDS音楽クラブ》  指導員参加を募集(参加一覧表に書き込む)
 ☆第1回国際音楽の日記念コンサートについて
  開催に賛成(16/18名)で開催決定
  早速邦楽・洋楽に分かれて相談する。
  ○邦楽 *藤井凡大作曲「四重花第1番」
            三弦  実藤 龍見
            箏T  小島 竹中
            箏U  福永 北川
            十七弦 小石 久保 
   
      *「二上り六段」
            箏    小島 福永 小石
            三弦   実藤 龍見 竹中 北川 久保                          *コラボ曲「京のわらべうた」...四方の景色、おすわりやす、丸竹夷、京の大仏さん          エレクトーン・箏・三弦・フルートなどで ⇒邦楽からの提案曲
   ○洋楽   ??

     ●次回 4月12日(火)10時から 於 人まち交流会館第T会議室⇒小島が申請に           行くことに(申請が通り会場費は無料に)
     ●今回総会欠席者への活動の出欠等の文書送り⇒小島



4月12日(火) 10:00から12:00  (於人まち交流会館第1会議室)
相談会 

○《錦林KIDS音楽クラブ》の指導員参加一覧表に再度書き込む⇒池田持ち帰って当番表の下準備⇒小島が当番表作成
○《錦林KIDS音楽クラブ》の詳細も未定で、次回5月9日(月)国際交流会館で相談会予定して細目決定することになる。
○《国際音楽の日 チャリティー演奏会》8月31日(水)
 
 会場 :座席…234席
      ホール…広い
      エレクトーン…2台OK
      チャリティー…寄付金 23,000円
      演奏時間…18:30〜20:00
 コラボの曲・・・「京のわらべ歌」⇒石角・一瀬編曲することに。
 司会・・・池田厚子
 参加者:
  洋楽出演者: 林田・石角・一瀬・足達・塚元・高瀬・芥川・松岡・西野
     手伝い: 尾本
       ? : 岡本・奥野
  邦楽出演者:小島・実藤・小石・竹中・龍見・北川・山田・福永・久保・辻・岸見
     手伝い:上田・石田
 *予算をだしてみる。各自の出演料を割り出す。
●邦楽の練習日を連絡網で回した。⇒実藤




5月9日(月)10:30から14:00 (国際交流会館の予定が当日になって休館日だとわかり、急遽錦林小学校ふれあいサロンに変更して行う)
相談会
 

1.研修会の報告 (小島)
2.《錦林KIDS音楽クラブ》年間指導員予定表・会員住所録・電話連絡網・会員在住別表・規約の文書配布。
3.錦林小学校のデモ演奏会を5月23日(月)に行うことになった件。
  進行係  石角朋美
  演 奏   邦楽  小島・久保・実藤・龍見・小石
         洋楽  林田・石角・一瀬・塚元・松岡
  曲 目   「祭花二番」 T  小島・久保・
                  U  実藤・龍見
                 十七弦 小石
                 フルート 高瀬
         「錦林小学校校歌」  全員で
         「スペインのカスタネット」 洋楽
         「わらべうた」京の大仏さん・ひいふうみいよ
○ 校長先生に音楽室・音楽の広場などを案内してもらう。
●デモ演奏の練習日・・・5月16日(月)10時から錦林ふれあいサロンで。
●《国際音楽の日記念コンサート》のための「わらべうた」の楽譜は石角が作成することに。
●練習日をおおよそ決める。
 5月23日(月)錦林小 9時半集合 邦楽練習
               12時半〜  洋楽とコラボ曲練習
               15時半〜  「デモ演奏会」開始
 6月 13日、20日
 7月 11日
 8月  8日 29日





11月7日(月) 10:00〜12:00 (於ハーモニーステイション)
幹事会

出席者:小島・林田・池田・実藤・小石・尾本・一瀬・石角
○近衛フェスタ出演の件
  11月13日(日) 於近衛中学校
             出演楽器: 箏10名 ピアノ 太鼓
             曲  目 : 「さくら」「うさぎ」・・・コラボ合奏
                     「世界が一つになるまで」・・・合唱
             指導員 :小島・久保・和田・北川・辻・林田・石角・高瀬・塚元・一瀬
○シンポジウムの件
  11月23日(祭) 於東京
             出席予定者 : 小島・林田・石角・一瀬
  11月22日(火) 研修会 於東京楽器会館
             出席者  : 小島
○田辺「せせらぎ公民館」土曜日午前
  こどもっこ塾開講に向けて検討してみる・・・石角・尾本・早川
○新入会員をいれた連絡網を作成のこと⇒小島
  会合などは連絡網で(Fax)で確実に全員に知らせること。(欠席者は必ず連絡のこと)
○第2回国際音楽の日記念コンサートはどうするか?
 ⇒4月の来総会に皆の意見を聞いて決めるということに。
○NWの行事として年内に「音検・洋楽の部 第1回勉強会」を開くことに。
 会員対象で講師は2級合格者の野ア清美・奥野俊江に。
 合せてシンポジウムの報告もする。
○来年の4月10日(月)総会日が決定するも、またしてもキャンパスプラザ休館日で11日(火)に変更か?
    

  



4月3日(月) 10:00〜11:45  (於 阪急ホテルロビー)
幹事会 

 出席者:小島・池田・石角・尾本・小石・一瀬・実藤
 ○ 第3回総会(4/11)に向けての幹事会。
 ○ 総会進行での役割確認   開会の挨拶議長:池田
                     17年度活動報告:石角
                     17年度会計報告:小石
                     18年度会計予定:小石
                     18年度活動予定:小島
 ○ 幹事の交代  岡本由美子(病気で退会)⇒野ア清美・・・・滋賀県在住の人
 ○ 活動予定相談
   ☆国際音楽の日記念コンサートを開催するか?・・・・・総会での総意に委ねることに
     *子どもの出演? 会場? 日時?(池田8/31OKだった)
   ☆ネットワーク・京滋(MIL・KEIJI)アンサンブルを結成するか?
    *練習場所錦林小学校だとエレクトーンが使えない・・・池田楽器店でTHANKSで回った由
   ☆子どもの居場所づくり
    *《錦林KIDS音楽クラブ》 5/8(月)第1回練習、5/15(月)デモ演奏予定
    *《東Brillanteクラブ》  4/15(土)第1回、4/22(土)第2回決定
                    中で邦楽を15分ほど希望但し箏の保管場所はない
                    ・・・4/10(月)挨拶がてら会場の様子を見ることにする
   ☆総会案内 再度正式にFax・電話連絡網で流すことに、HPのアドレスも入れる。

  top  




















inserted by FC2 system